名古屋市の壁掛けテレビ工事 カトー電器のトップページへ戻る

問い合わせ

理屈で覚えるImaging Edgeの使い方(基本操作と角度補正) — 「SONYのテレビならカトーデンキにおまかせ」

理屈で覚えるImaging Edgeの使い方(基本操作と角度補正)

SONYのα専用画像編集ソフト Imaging Edge
SONYのデジカメ画像編集ソフト「Imaging Edge」は3つのアプリで構成されます。「Remote(リモート)」「Viewer(ビューワー)」「Edit(エディト)」

SONYのカメラ「αシリーズ」で撮影した写真を、SONYの写真編集ソフト「Imaging Edge(イメージングエッヂ)」で補正してみましょう。機能が豊富なため最初は何から手を付けて良いのか迷いますが、補正の基本さえ押さえておけば、それほど難しくソフトではありません。

Imaging Edgeは3兄弟

Imaging Edge は3つのアプリで構成されています。

  • PCからカメラをコントロール。PC経由でシャッターも切れる「Remote」
  • 写真を一覧表示。整理しやすくする「Viewer」
  • そして撮影した写真の明るさや色などを補正する「Edit」。

この中で一番使う機会の多い(けれど難しい)「Edit」について説明していきます。

「Edit」が難しい理由

「Edit」は他の2兄弟に比べると圧倒的に機能が多く、それゆえ「どこから触ればよいのか」分からないとよく言われます。そこで今回はサンプルのデーターと共に、写真の基本的な補正について紹介していきます。

Editの作業画面。
「Edit」の操作画面。右側にたくさんの操作パネルが表示されます。明るさやコントラストをはじめ、トーンカーブ

写真を開く

まずはEditで写真を開きます。「ファイル」メニューの「開く」から、目的の写真を開きます。ここでポイント。

Editで開く写真は主に2通り。

  • アルファシリーズで撮影したRAWデーター
  • 一般的なJPEG画像

Editは元来アルファシリーズで撮影した写真を整理・補正するためのアプリです。そのためRAWデーターを開くとすべての機能がフルに活用できます。対してJPEG画像を開くと、使える機能は著しく制限されます。アルファシリーズをお持ちでしたら、せっかくですのでRAWデーターで撮影してみましょう。

Editの操作パネルはRAWデーターとJPEG画像とで大きく異なります。
RAWデーターを開いたときと、JPEG画像を開いたときの違い。使える機能(パネル)の数が圧倒的に違います。&RAWを扱う時はすべての機能がつけますが、JPEG画像の時はごく一部の機能しか使えません。

まずは角度補正から

画像を開いたら、いよいよ補正作業に入ります。まずは「角度補正」を使って傾いている写真を真っすぐにします。初心者は水平垂直など考えもせず、そのままシャッターを切ってしまいがち。水平垂直のラインが傾いていると落ち着き感が失われますので、早い時点で角度を直しておきましょう。角度の補正は「編集(E)」→「トリミングと傾き補正」です。面倒な方は画像の上で右クリックしても同じ項目が表示されます。

Editの角度補正パネル
Editを使った角度補正。グリッド線を表示し、それに合わせるように角度を変えていきます。角度は0.1度単位で設定できます。

新しいダイアログボックスが表示されました。「グリッド線」にチェックを入れ、水平垂直の目安となる基準線を表示しましょう。グリッド線が表示されると、思いのほか写真が傾いていることに気付かされます。
そこで写真の中から基準となるラインをあなたの中で決めてください。作例では遠くに見える橋のラインを基準としました。この橋を水平グリッド線に揃えます。角度は0.1度ずつ動かせます。

Editで傾きを補正した画像
傾きを補正した結果。-1.4度ほど傾けました。

角度を補正すると写真は一回り小さくなります。

角度を補正すると写真は少し小さくなります。下の写真を見てください。

地平線の角度を直したら写真が小さくなった例
Editを使った角度補正。グリッド線を表示し、それに合わせるように角度を変えていきます。角度は0.1度単位で設定できます。

左の写真では地平線が傾いているので、水平に補正したのが右の写真です。周りがカットされているのにお気づきいただけるでしょうか。これは角度補正にはどこまでもつてまわる問題です。
実際に補正しながらその原因を見てみましょう。

角度が傾いたままのオリジナル画像
これがオリジナルの写真です。地平線が傾いているのでこれを水平に直します。
角度を補正すると黒い箇所が生まれます。
写真を水平に直すと新たに黒い部分が新たに生まれます。
Editは長方形を維持するために大胆にカットしてきます。
そこでEditはこの黒い部分をカット。さらに長方形を維持するために写真として問題ない箇所も容赦なくカットします。
角度を補正し、元の縦横比を維持するために拡大した結果
角度を補正、元のサイズに合わせるために拡大した結果、かなりの部分がカットされました

これが角度を補正すると、写真の周囲がカットされて小さくなってしまう(元のサイズに合わせるためそのあとで拡大します)原因です。
写真補正を前提に撮影されるのでしたら、こうしたカットされる部分も見越して広めに撮影されることをおすすめします。具体的には撮影時に心持ち「半歩下がる」気持ちでシャッターを切ると良いでしょう。

上書き後も元に戻せるRAWデータ

傾きの補正が終了したら一旦保存しておきましょう。保存は「ファイル(F)」の「上書き保存」です。この時、あなたが扱っている画像が

JPEG画像でしたら…

保存後、もう一度「編集」→「トリミングと傾き補正」で確認すると、角度の補正が0度にリセットされています。もう前の状態には戻せません。

RAWデーターならば…

保存後、もう一度「編集」→「トリミングと傾き補正」で確認すると、補正した角度は記憶されたままです。これを0度に戻すとカットされていた箇所も復活します。

RAWデータはその便利さを知らないと「ファイルサイズが巨大になる」「表示するのに専用ソフトが必要」などと敬遠されがちですが、このように専用ソフトを使えば各種の編集内容を記憶し、何度もやり直せるというメリットがあります。

RAWデーターをJPEGに変換する

角度を補正したRAWデータを元にJPEGファイルを作ってみましょう。JPEGファイルを作るには「ファイル(F)」メニューへ進み、上から2番目の「現像出力」を選びます。最初はTIFF形式になっていますので、これを「JPEG」に切り替え、名前を付けて書き出しましょう。

まとめ

  • アルファシリーズで撮影するなら、JPEGよりもRAWデーターがおすすめです。写真の角度補正した後も何度でもやり直しが効きます。
  • 写真を開いたら、まずは角度を補正しましょう。水平線など思いのほか傾いているものです。
  • 傾きを補正すると写真の外周部がカットされ、若干小さくなります。慣れないうちは撮影時に半歩下がってシャッターを切りましょう。
  • 上書き保存後もRAWデータは元の角度に戻せますが、JPEG画像は戻せません。

RAWデータで画像編集まで楽しむのなら

SONYの画像編集ソフト「Imaging Edge」を使って、画像編集までとことん楽しむのでしたら下記のソフトやカメラが必要です。

Imaging Edge
Imaging Edge

SONY純正のデジカメ写真編集ソフト(無料)。写真の整理から色や明るさなどの補正までおこなえます。データはJPEGとRAWデータに対応。RAWで撮影した写真画像ではその性能をフルで発揮してくれます。詳細を見る


アルファシリーズ
アルファシリーズ

レンズの交換のできる一眼カメラシリーズ。全機種RAWデータに対応。SONYの純正ソフトImazing edgeを使えば今まで以上にカメラが楽しくなります。詳細を見る


サイバーショットシリーズ
サイバーショットシリーズ

写真編集の世界を広げてくれるRAWデータに対応したレンズ一体型カメラ「Cyber-shot」シリーズです。一眼レフカメラと同じ大型センサーを搭載したモデルから600mmのズームまで可能なモデル、もちろんポケットに収まるコンパクトなモデルまで幅広くラインナップされています。詳細を見る

「写真を撮ったあと」の記事